システム的な金型づくり

OneSystem生産準備
3Dモデルと2D図面を同システムに入れることによって、データ管理の煩雑さを解消するとともに、データの援用により一部のデータ作成を省略し、最短でのデータ作成を実現する。
Parallel生産準備
3Dモデルを先行して作成することで、型設計と加工プログラムの作成作業を併行して進めることが可能となり、生産準備期間を大幅に短縮することができる。
OneByOne生産
1型ずつ停滞を作らずに一気に製作することで、最短での金型製作と、納期の提示が可能となる。また、一型ずつ作り上げることが材料保管等の省スペース化などにもつながり、結果として、安全で迅速な加工を実施することができる。
ジャストインタイム生産
必要な時に必要なものを手元にそろえることで、ムダな材料・部品を持たないようにすると同時に、必要なものがそろわないというトラブルを防ぐため、徹底した日程管理を行い、納期を順守する。
生産管理システム
工数管理システムと調達管理システムを連携させることにより、個別原価をリアルタイムで把握することができ、生産管理への大幅な負担軽減が図れる。

アクセスマップ
シンコー精機株式会社
〒934-0095 富山県高岡市石丸708番地8
TEL:0766-84-8196 FAX:0766-84-9007
ISO業務・社会貢献とともに
『環境』を企業経営の重点課題であると認識し「環境にやさしいものづくり」を目指します。